TOP >中古自転車輸出

中古自転車輸出

中古自転車輸出

放置自転車でお困りではないですか?

中古自転車輸出現在、日本における自転車の年間廃棄台数は650万台。それに伴い、放置自転車が深刻な社会問題になっています。
駅前や公園などの公共の場所の放置自転車は、通行や災害時の救援活動の妨げになってしまいます。また放置自転車を撤去するために、毎年多額の税金が使用されているのです。

環境破壊や地球温暖化などの問題がクローズアップされている昨今。国の政策として「循環型社会構築」が掲げられ、各種リサイクル法などの廃棄物の再利用へ向けた動きが活発化しています。
三堀アレスダンクでは、そのような社会背景の中で廃棄された自転車を大切な資源の一つと捉えて、東南アジアやアフリカ等といった必要としている地域への輸出を通して、社会に貢献しています。

中古自転車輸出中古自転車輸出中古自転車輸出 自転車を必要としている人々へ

中古自転車輸出アフリカ、アジアなど発展途上国は交通手段が少ないないため、自転車は必要不可欠なものの一つです。
日本では国内のいたるところ、公共交通のインフラや車が走るための道路が整備されています。しかし国によっては様々な地理的・社会的要因によって、人々の生活に必要な交通インフラ整備が遅れている地域が沢山あるのです。

例えば病院へ行くにも、そのような国の人々は往復で何十キロも歩かなければならず、交通手段がないために、手遅れで命を落とすことが少なくありません。
病人や妊婦が病院に行くために自転車を救急車のかわりにすることで、多くの人の命を助けることができます。
中古自転車輸出朝早くから、幼い子供が何時間も危険な道を歩いて学校へ行かなければならなかったりもします。
このような状況を改善するために、自転車は非常に有効な交通手段の一つだと言えるでしょう。彼らの生活にはなくてはならない必需品なのです。
また中古とは言え、日本製でしっかりとした作りの自転車はこうした国々からの喜ばれ、需要が高いのです。
廃棄され、日本ではゴミとして処分される自転車でも、きちんと使える一台として現地で直して大事に乗られています。
日本で廃棄された自転車を必要としている国々へ輸出することは、現地の人々の生活を支えると共に、資源の保全にも役立つ理想的なリサイクルシステムと言えるでしょう。


三堀アレスダンクでは、回収から輸出まで全て一括して行ないます

中古自転車輸出三堀アレスダンクでは、廃棄自転車の回収から海外へ輸出まで、全て当社で一括して行っております。そのため責任の所在が明確です。
また放置自転車等、所有者が明瞭でない回収物の場合、所轄警察署への連絡を徹底させ、不健全な業務活動には毅然とした姿勢で臨み、公正で透明な回収業務を行います。
安心して当社に廃棄自転車の回収をおまかせください。
〒349-0137
埼玉県蓮田市高虫1247-6
TEL 048-812-5278
FAX 048-876-8968

埼玉県公安委員許可431280021763号

会社概要

お問い合わせ

廃棄自転車回収

中古自転車輸出

中古自転車輸出500台30万円から

よくあるご質問